快晴に恵まれたものの、風がビュンビュン吹いている日曜日。もみじが散ってしまう…、と焦って、都内のふたつの公園を巡ってきた。

清澄庭園は、園内で赤や黄色に染まる木は多くなかったが、入り口近くのもみじは鮮やかなオレンジ色で目を引いた。鳥ものんびり休んでいるよう。

清澄庭園と比べて六義園には人が多かった。紅葉は残念ながら終わりかけているという印象だったが、それでもベストショットを撮ろうとスマートフォンを持つ人で賑わっている。

特に混んでいたのはツツジ茶屋と山陰橋あたり。駒込駅近くの入り口から入ってぐるっと左に進んで出口近くにあるエリアだ。

ちなみに、六義園は紅葉のライトアップを行なっていることでも有名。16:30頃に公園を出ると、すでにライトアップ目当ての人たちが付近に並んでいた。

紅葉の見頃のタイミングを計るのは難しい。今回はたまたま見れてラッキーだったものの、ついうっかりしていると見逃してしまうこともあるだろう。TwitterやInstagramなどで他の人が投稿した写真を見て、出かける前に見頃を事前に確認すると良いだろう。公園の公式Twitterはこちら :

六義園公式Twitter
清澄庭園公式Twitter

書いた人

東京生まれ、千葉育ちのトリリンガル。関心分野はデジタルマーケティングと編集、趣味は映画・読書・ヨガ・ランニング・ウォーキング・写真・旅行です。これまでに訪れた場所や文化について、私が体験したこと、考えたことを綴ります。

コメントを書く